構造化学研究室

蛋白質構造と機能の分子論的解明

生体中で重要な働きを担う蛋白質のしくみを物理化学的な手法を用い、解き明かすことで、分子構造に基づく創薬や治療法の開発、クリーンな機能性材料としての人工蛋白質の設計など、これからの実際に社会に役立つ新技術、新材料の開発につながる研究を目指す。

構造化学

研究室WEBサイト1

担当教員

氏名/役職 Name 所属
石森浩一郎 教授 Koichiro ISHIMORI 理学研究院
内田毅 准教授 Takeshi UCHIDA 理学研究院
竹内浩 助教 Hiroshi TAKEUCHI 理学研究院
齋尾智英 助教 Tomohide SAIO 理学研究院
北原圭 特任助教 Kei KITAHARA 理学研究院

主な研究テーマ

  • センサータンパク質の構造および機能の解析
  • 呼吸鎖における電子伝達機構の解明
  • 「ナノディスク」を用いた膜タンパク質の構造
  • 機能に関する研究
  • 蛋白質の立体構造構築原理に関する研究
  • 病原菌の金属イオン獲得機構
  • 構造最適化手法の開発とそれによるクラスターとタンパク質の最安定構造のシミュレーション