生物計測化学研究室

新しい計測技術に基づくバイオ分析・医療診断技術を開発する

マイクロ・ナノ流体デバイス、光計測技術、生物発光、電気化学検出などを利用して、微量・迅速・高感度・簡便などの特徴を持つ新しいバイオ分析・医療診断技術を開発に取り組んでいます。「ユニークなアイディアで世界を驚かせる新しい計測技術を創る」を目指しています。野心を持ってチャレンジし、より良い未来を切り開いていきましょう。

生物計測化学

研究室WEBサイト1

担当教員

氏名/役職 Name 所属
渡慶次学 教授 Manabu TOKESHI 工学研究院
谷博文 准教授 Hirofumi TANI 工学研究院
石田晃彦 助教 Akihiko ISHIDA 工学研究院
真栄木正寿 助教 Masatoshi MAEKI 工学研究院

主な研究テーマ

  • 診断機能を集積化したマイクロデバイスの開発
  • 分析機能を集積化したマイクロデバイスの開発
  • リポソームをナノ反応場として利用する高感度化学・生物発光分析法の開発
  • 生化学・生体機能を利用する分析法および新規計測技術の開発

研究分野