固体反応化学研究室

原子層制御で電子とスピンを操る

原子単位で制御した結晶成長技術により、電子・スピン・格子振動・光に関わる有用な物性を示す新物質及びデバイスを生み出す。装置開発と計算化学により超高真空・気相・プラズマ・超高温 ( ~ 3000°C) 等における高エネルギー化学反応の理解と制御を行う。

固体反応化学

研究室WEBサイト1

担当教員

氏名/役職 Name 所属
島田敏宏 教授 Toshihiro SHIMADA 工学研究院
長浜太郎 准教授 Taro NAGAHAMA 工学研究院
柳瀬隆 助教 Takashi YANASE 工学研究院

主な研究テーマ

  • 原子・分子レベルで制御した結晶成長技術の開発
  • 炭素材料に関わる高エネルギー化学反応の理解と制御
  • スピントロニクスに関わる新材料、デバイス、新現象の探究
  • エネルギーデバイス関連材料の化学と物理