生体分子デバイス研究室

生物の機能とナノテクの融合

生物は高度な分子認識により組織化された分子集合体システムである。生物の分子組織化を手本とした、ナノメーターからサブミリメーターにいたるメゾスコピック領域における分子・高分子・ナノ粒子の階層的な組織化による新奇機能性材料の開発を目指している。

分子生体デバイス_v2

研究室WEBサイト1

担当教員

氏名/役職 Name 所属
居城邦治 教授 Kuniharu IJIRO 電子科学研究所
松尾保孝 准教授 Yasutaka MATSUO 電子科学研究所
三友秀之 准教授 Hideyuki MITOMO 電子科学研究所

主な研究テーマ

  • DNA 分子を基材とした高機能性基板の創製
  • 人工ウィルスカプセルを用いたドラッグデリバリーシステムの構築
  • 金属ナノ粒子を用いたナノ構造体の作製とその応用
  • 機械的特性や光学的特性に優れた機能性ゲルの開発

研究分野