錯体化学研究室

光が要となる機能性金属錯体

金属と有機・無機配位子の複合系である金属錯体は、様々な元素を活用して新しい性質や機能を生み出すことができる魅力的な物質群です。本研究室では、次世代型の発光材料や光触媒となる光機能性錯体の開発に取り組んでいます。

錯体化学

研究室WEBサイト1

担当教員

氏名/役職 Name 所属
加藤昌子 教授 Masako KATO 理学研究院
小林厚志 准教授 Atsushi KOBAYASHI 理学研究院
吉田将己 助教 Masaki YOSHIDA 理学研究院
孫宇 助教 Yu SUN 理学研究院

主な研究テーマ

  • 集積発光性クロミック白金 (II) 錯体の構築と光機能創出
  • 発光性 3d 金属錯体の創製
  • 元素活用型 3d 金属錯体光水素発生触媒系の構築
  • メゾスコピック領域における金属錯体の光機能開拓

研究分野