物質変換研究室

固体触媒の分子設計と資源変換

固体触媒を分子レベルで設計し,多様なエネルギー源・資源の利用に応用している。 特に,木質バイオマス(セルロース,ヘミセルロース,リグニン)の分解と燃料・化学品合成,およびメソポーラス多孔体の触媒反応への応用の研究を行っている。

物質変換化学1

研究室WEBサイト1

担当教員

氏名/役職 Name 所属
福岡淳 教授 Atsushi FUKUOKA 触媒科学研究所
中島清隆 准教授 Kiyotaka NAKAJIMA 触媒科学研究所
小林広和 助教 Hirokazu KOBAYASHI 触媒科学研究所
アビジット シュロトリ 助教 Abhijit SHROTRI 触媒科学研究所

主な研究テーマ

テーマ1

  • 固体触媒によるバイオマスの分解
  • メソポーラスシリカ担持白金触媒による低温エチレン酸化
  • 単分子層触媒の精密合成と機能

 

テーマ2

研究者コミュニティーの成果を国内外の企業に紹介し、実用化に興味を示す企業を見 つけ出し、企業、大学、TLO 或は JST との間で、本来の発明者である先生の立場に立って、 大学の知的財産の活用を推し進め、成果に市場価値を付与する。また、市場から要求さ れる技術を研究者コミュニティーに投げかけて新しい技術開発を行う。