触媒材料研究室

金属ナノクラスター触媒の機能を自在制御

稀少金属資源の使用量を最小限に抑えた化学品合成・自動車排ガス浄化プロセスの実現を目指して,機能複合型のあたらしい金属ナノクラスター触媒の開発と作用機構解明に取り組んでいます。

触媒反応学

 
 
 

大学と企業をつなぐ懸け橋に

北海道大学触媒科学研究所の研究開発部門は北海道大学が全国の大学に先駆けて設けたポジションで、「大学等の基礎的な研究成果・技術シーズの実用化、及び企業などの実用化ニーズの技術シーズ化」を図ることをミッションとしている。

物質変換化学2

研究室WEBサイト1 研究室WEBサイト2

担当教員

氏名/役職 Name 所属
清水研一 教授 Kenichi SHIMIZU 触媒科学研究所
西田まゆみ 教授 Mayumi NISHIDA 触媒科学研究所
古川森也 准教授 Shinya FURUKAWA 触媒科学研究所
鳥屋尾隆 助教 Takashi TOYAO 触媒科学研究所

主な研究テーマ

  • 結晶性複合金属酸化物触媒材料を用いたアルカン類の高難度選択酸化反応
  • 複合酸化物を用いた固体酸触媒の開発
  • 燃焼エネルギーを電気エネルギーに直接変換する新しい燃料電池電解質材料や触媒材 料の開発