有機化学第一研究室

北大から有機化学の世界一を!

独自の分子設計で未知の現象を創造する構造有機化学は、近未来の機能性有機化合物創製のためのThink Tankとしての役を担う、魅力ある研究分野である。分子エレクトロニクスを目指した酸化還元応答性分子や動的・非動的キラル分子を創出し、その機能を解明する。

有機化学第一

研究室WEBサイト1

担当教員

氏名/役職 Name 所属
鈴木孝紀 教授 Takanori SUZUKI 理学研究院
上遠野亮 助教 Ryo KATOONO 理学研究院
石垣侑祐 助教 Yusuke ISHIGAKI 理学研究院

主な研究テーマ

  • 世界一長い炭素-炭素結合
  • 呼べば答える応答性分子:多重出入力による高機能化
  • 安定な開殻種を与える新規な窒素複素環化合物
  • 液相/固相で異なる刺激に応答する多重クロミック分子
  • 光/熱で酸化特性の完全制御が可能な分子スイッチ
  • 加熱/冷却で酸化特性スイッチングが可能な分子
  • テレフタルアミドを基盤とするキラル化学

研究分野