生物有機化学研究室

分子レベルで生命を理解する

細胞内でおこる生命現象は核酸やタンパク質などの生体機能分子の複雑な相互作用ネットワークにより担われている。我々はいくつかの生命現象に着目して、その相互作用ネットワークを分子レベルで理解しすることを目標としている。

担当教員

  • 村上洋太 教授 MURAKAMI Yota
  • 高橋正行 特任教授 TAKAHASHI Masayuki
  • 高畑信也 特任講師 TAKAHATA Shinya

主な研究テーマ

  • エピジェネティックなメカニズムによる遺伝子発現
  • 染色体機能制御の解明
  • ミオシンを中心にした細胞運動
  • 形態制御機構の解明
  • カルシニューリンを中心にするシグナル伝達機構の解明